Skip to content

未分類

瓜(ウリ)

瓜、ウリのぬか漬け【夏場:6時間~ 冬場:半日~】
塩もみ】【下茹で

 

これぞぬか漬け! といったオーソドックスな味が楽しめる。

両端を切り落として瓜切りにしたら、スプーンで種をとってそのまま漬けてよし。

瓜(ウリ)は漬かりが早い。夏場は6時間くらいでしっかり漬かる。手軽でいい。

皮はむいてもむかなくてもOKだ。わが家では皮ごといただいている。

そうそう、瓜切りというのは、縦半分にまっぷたつに切ることをいう。

瓜(ウリ)の漬け方

瓜切り 瓜をぬか床へ漬ける ウリのぬか漬けの完成
1.よく洗って、へたを落としたら、縦半分に切る。
2.ぬか床へ沈める。
3.6時間後、ぬか床から引きあげ、ひと口大に切る。
ぬか漬けの取り出し方
ぬか漬けが最もうまいのは、ぬか床からひきあげてすぐだ。とりだしたら、水道水でさっと洗って、切って、即刻「いただきまーす!」――こいつが基本。

  • 野菜をぬか床へ入れる時刻 = 食事開始時刻 - 漬け時間

という、“ぬか漬けの定理” を頭に入れておこう。

ぬか床の野菜をとりだす際は、ちょっとワクワク。取り出し方で、ぬか漬けのうまさは変わるもの。

  1. 野菜についているぬかは、しごいて容器へ戻す。
  2. さっと水洗い。ぬかの栄養分を落としすぎない。つまり洗いすぎない。
  3. 食べやすいサイズにカット。見た目も大切。料理は目で楽しむ。
  4. お皿に盛りつける。


オクラ

オクラのぬか漬け 【夏場:半日~ 冬場:1日~】
塩もみ】【下茹で

 

オクラのぬか漬けも簡単でうまい。

へたを切り、その近くの固い部分を落としたら、洗ってそのままぬか床へ入れよう。夏場なら12時間程度で、塩味の利いた漬け物に早変わりする。

へたをこの固い部分もろとも切り落とす人がいるが、もったいない。歯ごたえがあってうまいからだ。

娘の好物。娘とスーパーや八百屋に行くと、わたしが気づかぬうちにオクラの束がわんさとカゴに入っていて、レジでぎょっとすることがある。

オクラのぬか漬けと納豆和えオクラのぬか漬け、ねぎ、しその葉をみじん切りにして納豆と和えるとこれがまた美味なンである。

こいつを熱々のごはんにのせて、どんぶりにしていただくと、夏の滋味を堪能できる。食欲のない昼などにぴったりだ。

オクラの漬け方

おくらはヘタに近い固い部分を切り落とす オクラをぬか床へ。 おくらのぬか漬け完成
1.へたに近い固い部分を、包丁をぐるりと回し入れて切り落とす。
2.洗って、そのままぬか床へ入れてよし。塩もみ不要。
3.半日くらいで食べられる。ジンやウォッカ、焼酎のお供に最高。
ぬか漬けの取り出し方
ぬか漬けが最もうまいのは、ぬか床からひきあげてすぐだ。とりだしたら、水道水でさっと洗って、切って、即刻「いただきまーす!」――こいつが基本。

  • 野菜をぬか床へ入れる時刻 = 食事開始時刻 - 漬け時間

という、“ぬか漬けの定理” を頭に入れておこう。

ぬか床の野菜をとりだす際は、ちょっとワクワク。取り出し方で、ぬか漬けのうまさは変わるもの。

  1. 野菜についているぬかは、しごいて容器へ戻す。
  2. さっと水洗い。ぬかの栄養分を落としすぎない。つまり洗いすぎない。
  3. 食べやすいサイズにカット。見た目も大切。料理は目で楽しむ。
  4. お皿に盛りつける。


キャベツ

キャベツのぬか漬け

【夏場:6時間 冬場:半日~】
塩もみ】【下茹で

 

外側の葉は汚れていることが多いし、農薬もついているから、わたしははいで捨てる。それを4つ切りにして、ぬか床へそのまま投入。夏場なら5~6時間で食べられる。

漬かりが浅い場合は、外側の葉からはいで食べる。

容器が小さい場合、葉を1枚ずつはいで漬けてもいい。ただ、これだとぬか床からひきあげる際に1枚1枚ぬかを落とすのが面倒だ。3リットルの容器に漬けるときは、わが家ではひと玉を8分の1にカットして漬けるようにしている。

1人分だとこれくらいがちょうどいい大きさ。

とりだしたキャベツは、しょうゆと七味唐辛子を少しだけかけて食べる。これがうまい。ごはんが進む。

縦に細く切ってやると、肉料理や魚料理のつけあわせにぴったり。ザワークラウト(ドイツの代表的な発酵食品)のようである。

ぬか漬けの取り出し方
ぬか漬けが最もうまいのは、ぬか床からひきあげてすぐだ。とりだしたら、水道水でさっと洗って、切って、即刻「いただきまーす!」――こいつが基本。

  • 野菜をぬか床へ入れる時刻 = 食事開始時刻 - 漬け時間

という、“ぬか漬けの定理” を頭に入れておこう。

ぬか床の野菜をとりだす際は、ちょっとワクワク。取り出し方で、ぬか漬けのうまさは変わるもの。

  1. 野菜についているぬかは、しごいて容器へ戻す。
  2. さっと水洗い。ぬかの栄養分を落としすぎない。つまり洗いすぎない。
  3. 食べやすいサイズにカット。見た目も大切。料理は目で楽しむ。
  4. お皿に盛りつける。


bannerimp